折り方

ソフトハーモニー和紙千代紙で折る連鶴


ハーモニー和紙で折る連鶴


こちらのページは、
ハーモニー和紙で折る9つの連鶴のギャラリーとなっております。
ページの後半では、ハーモニー和紙のご紹介をしております。

ソフトハーモニー和紙千代紙で折る連鶴

妙々/みょうみょう

モデル:妙々/みょうみょう
色:山吹色(黄色)

熊谷/くまがい

モデル:熊谷/くまがい
色:萌葱色(緑色)

野干平/やかんべい

モデル:野干平/やかんべい
色:柿色(オレンジ色)

稲妻/いなづま

モデル:稲妻/いなづま
色:唐紅色(赤色)

瓢箪町/ひょうたんまち

モデル:瓢箪町/ひょうたんまち
色:浅葱色(水色)

拾餌/えひろい

モデル:拾餌/えひろい
色:桃花色(ピンク色)

風車/かざぐるま

モデル:風車/かざぐるま
色:群青色(青色)

呉竹/くれたけ

モデル:呉竹/くれたけ
色:江戸紫色(深紫色)
(光の加減で明るく見えますが、実際は黒に近い紫です)

青海波/せいがいは

モデル:青海波/せいがいは
色:山吹色(黄色)
(妙々と同じ色の紙で折っています)

ソフトハーモニー和紙千代紙

種類:和紙
製造元:ショウワグリム
サイズ:15cm
色数:8色
枚数:32枚入り

色は8色あり、
大まかな色のイメージは下記のようになります。

唐紅→赤
萌葱→緑
山吹→黄色
桃花→ピンク
浅葱→水色
江戸紫→深紫
柿→オレンジ
群青→青

江戸紫色は、かなり暗めなので、黒に近い紫になります。

1色につき4枚入っており、
8色×4枚なので、合計で32枚収録されています。


一枚一枚グラデーションの濃さが微妙に違うため、
同じ色で同じモデルを折ったとしても、完成したときの風味が変わるところが、
この折り紙の魅力のひとつであると感じます。

少し硬めの和紙になるため、
鶴を折っている時に”しわ”が出来やすいのと、下記のような連鶴は折りづらい印象です。

・2枚の四角を重ねて折るモデル(“鼎/かなえ”など)
・四隅を折りたたむモデル(“荘子/そうじ”など)
・特殊な方法で紙を折りたたみながら折るモデル(“巣籠/すごもり”など)

このページに載せている9つの連鶴は、
上記のモデルに含まれないため、折りやすいモデルとなります。


風車(かざぐるま)などは、そのままの大きさで折ると、完成したときのグラデーションは同じになりますが、
呉竹(くれたけ)などは、どこに切れ目を入れるかによって、グラデーションが変わるので面白いです。

気になった方はぜひハーモニーな連鶴をお楽しみください!