難易度について

連鶴の難易度について



当サイトでは、
連鶴の難易度10段階で表記しています。


こちらは、

・紙の切れやすさ
・折るときのふくざつさ
綺麗に折ることが難しい

という3つの項目から判断し、ランク付けを行っています。


主観的に判断したものになるのと、
片面折り紙で折ったときの難しさになるため、

ひとつの目安として、参考にしていただければ幸いです。



・紙の切れやすさ
・折るときのふくざつさ
綺麗に折ることが難しい

の3つの項目は、

実際のページでは、5文字に略して表記しています。


・紙の切れやすさ
切れやすさ

・折るときのふくざつさ
ふくざつさ

・綺麗に折ることが難しい
折りにくい

切れやすさ



切れやすさ”の項目においては、

・つなぎ目が完全に切れてしまう切れやすさ
・鶴は完成するが、つなぎ目に切れ目が入ってしまう

といったところから、主に判断しています。


龍膽車(りんどうぐるま)のように、
つなぎ目が比較的長いモデルにおいても、

切れ目が入りやすい連鶴は、ランクを上げています。

ふくざつさ



ふくざつさ”の項目においては、

・折る手順が難しい
・つなぎ目が切れないように、工夫が必要
・鶴を折る向きがややこしい
・力加減が難しい

といったところから、主に判断しています。

折りにくい



折りにくい”の項目においては、

・完成することが出来ても、綺麗に折ることが難しい

といったところから、主に判断しています。


荘子(そうじ)などの、四隅を折りたたむモデル
巣籠(すごもり)などの、特殊な方法で紙を折りたたむモデル

などは、綺麗に折ることが難しくなるため、ランクを上げています。

初級・中級・上級



10段階の難易度を、階級ごとに分けると、

☆1~3は、初級
☆4~6は、中級
☆7~10は、上級

となります。


以上で、難易度についてのご説明を終えたいと思います。

折るときのご参考にしていただければ幸いです。(^^)