連鶴(れんづる)の種類【一覧】



当サイトでは、
1797年に発行された『秘伝千羽鶴折形』に掲載されている49モデル中、

百鶴、迦陵頻、釣ふね、瓜の蔓を除いた45モデルの折り方を、掲載しております。


こちらのページでは、
上記モデルの連鶴を6つの系統に分類し、

完成イメージを一覧でご覧いただけます。


連鶴の名前を押すと、折り方のページに繋がります。

秘伝千羽鶴折形

拾餌(えひろい)系



拾餌(えひろい)系は、

主に、”くちばし・しっぽ・つばさ”の先端が、点で繋がる連鶴になります。


妹背山(いもせやま)系



妹背山(いもせやま)系は、

”つばさ”と”つばさ”が、線で繋がる連鶴になります。


巣籠(すごもり)系



巣籠(すごもり)系は、

特殊な方法で、紙を折りたたみながら折る連鶴になります。


荘子(そうじ)系



荘子(そうじ)系は、

はじめに折り紙を半分にし、同じ折り目をつけますが、

切れ目の入れるところを変えることで、5つのモデルに変化します。


風蘭(ふうらん)系



風蘭(ふうらん)系は、

”くちばし・しっぽ・つばさ”の先端ではなく、
そのほかのところで、点よりも少し長めに繋がる連鶴になります。


村雲(むらくも)系



村雲(むらくも)系は、

小さな鶴が、”おなかの下”で繋がる連鶴になります。



目次へ戻る


当サイトでは、
上記45モデルの連鶴の折り方をご紹介しております。


はじめて連鶴を折る方は、下記のページがおすすめです!

はじめて連鶴を折る方におすすめする5ステップ 連鶴を折ってみよう きほんの鶴の折り方 連鶴用の鶴の折り方 【連鶴】妹背山・野干平 ...