レベル☆9

相生(あいおい)の折り方【連鶴】

【連鶴】相生(あいおい)

相生(あいおい)とは

相生(あいおい)は、
1797年に発行された『秘伝千羽鶴折形』に掲載されている連鶴”49種”の中のひとつです。


難しさ

— 総合難易度 —
☆9☆☆☆☆☆☆☆☆☆

— 項目別 —
切れやすさ:☆☆☆☆☆
ふくざつさ:☆☆☆☆
折りにくい:☆☆☆☆☆


相生(あいおい)の完成イメージ

相生(あいおい)の折り図

<参考>『秘伝千羽鶴折形』1797年

点線部分を、折りたたみながら折ります。

折り紙の準備

おすすめの折り紙

【サイズ】
15cmの折り紙。
または、それより大きいもの

【種類】
和紙


連鶴向けのおすすめの折り紙については、
下記リンクにてご紹介しております。

おすすめの折り紙まとめ【連鶴向け】 当ページでは、おすすめの折り紙をご紹介していきます。主に連鶴向けになりますが、連鶴以外のものを折るときにも、楽しめる折り紙となっており...


一枚折り紙を用意しましょう。
これで、相生(あいおい)の折り紙の準備は完了です!

折り目をつけていこう

相生(あいおい)は、写真のように折り目をつけていきますが、

つなぎ目が中心部分に来るため、
しっかり折り目をつけると、つなぎ目が切れやすくなってしまいます。

そのため、中心部分に折り目がつかないようにしていきましょう。

中心部分に折り目がつかないように、
折り紙を”たて”と”よこ”で、それぞれ半分に折ります。

斜めの折り目も、同様につけていきましょう。

このように、折り目が中心につかないようにしていきます。

続いて、写真のように紙を折りたたみます。

このように折りたたみます。

点線のところで折り目をつけましょう。

折り目をつけ終えたら、裏返します。

中心部分を避けながら、
点線のところで折り目をつけていきましょう。

このように折り目をつけ、青い丸のあたり(中心部分)は折り目がつかないようにします。

もう一方も、このようにめくって折り目をつけましょう。

残りの6か所も、同様に折り目をつけていきます。

すべて折り目をつけるとこのようになります。

折り目をつけ終えたら、紙を広げましょう。

紙を広げたら、点線のところで折り目をつけます。

折り目をつけるとこのようになります。

これで、相生(あいおい)の折り紙の準備は完了です。

折り紙を切っていこう

折り目をつけ終えたら、折り図通りに紙を切っていきましょう!

相生(あいおい)の折り図
<参考>『秘伝千羽鶴折形』1797年

折り図通りに紙を切るとこのようになります。

切れ目部分の拡大がこちらです。

今回使用しているのは、17.5cmの折り紙になるので、
中心部分は、2+2=4mmほど残してあります。

中心部分は、つなぎ目を残しすぎると、切れ目が入りやすくなるので、
長すぎず短すぎずの長さにしましょう。

端のつなぎ目の拡大写真がこちらになります。

こちらは、3mmほど残してあります。

鶴の向きを確認しよう

オレンジの丸の部分が”くちばし”になり、
両側の青い丸の部分が”つばさ”になります。
確認しながら折っていきましょう。


”鶴の向き”を確認し終えたら、

いよいよ相生(あいおい)を折っていきます。

「自分で挑戦してみたい!」という方は、

ここから先は、折り方の手順になりますので、見ないようにすることをおすすめします!

折り方をご覧になる方は、次のページへお進みください!

1 2 3