レベル☆8

蟻の塔(ありのとう)の折り方【連鶴】

【連鶴】蟻の塔(ありのとう)

蟻の塔(ありのとう)とは

蟻の塔(ありのとう)は、
1797年に発行された『秘伝千羽鶴折形』に掲載されている連鶴”49種”の中のひとつです。


難しさ

— 総合難易度 —
☆8☆☆☆☆☆☆☆☆・・

— 項目別 —
切れやすさ:☆☆☆☆
ふくざつさ:☆☆☆☆☆
折りにくい:☆☆☆☆


蟻の塔(ありのとう)の完成イメージ

蟻の塔(ありのとう)の折り図

<参考>『秘伝千羽鶴折形』1797年

点線部分を折りたたみながら折ります。

折り紙の準備

おすすめの折り紙

【サイズ】
26mの折り紙。
または、それより大きいもの

【種類】
片面折り紙・両面折り紙・和紙


連鶴向けのおすすめの折り紙については、
下記リンクにてご紹介しております。

おすすめの折り紙まとめ【連鶴向け】 当ページでは、おすすめの折り紙をご紹介していきます。主に連鶴向けになりますが、連鶴以外のものを折るときにも、楽しめる折り紙となっており...


(1)
はじめに、目印にするための折り目をつけていきましょう。

”よこ”に半分に折りたたみ、
上と下にそれぞれ1cmほどの目印をつけます。

(2)
このように目印をつけます。

さらに半分になるように折りたたみ、上と下にそれぞれ目印をつけましょう。

(3)
目印をつけるとこのようになります。(写真では、わかりやすくするために、長めに折り目をつけています。)

(4)
左端を右側の目印に合わせて、点線部分で折り目をつけましょう。

(5)
このように折り目をつけます。

(6)
続いて、”たて”に半分に折りたたみ、
左と右にそれぞれ1cmほどの目印をつけます。

(7)
このように、目印をつけましょう。

(8)
続いて、さらに半分になるように、点線部分で折り目をつけます。

(9)
このように折り目をつけます。

(10)
折り目をつけたら、右に90°まわしましょう。

(11)
紙を回し終えたら、
一番下を目印に合わせて、点線部分で折り目をつけます。

(12)
このように折り目をつけます。

(13)
一番下を、最後に付けた折り目に合わせて、点線部分で折り目をつけましょう。

(14)
このように折り目をつけます。

(15)
続いて、一番下を青い線に合わせて、点線部分で折り目をつけます。

(16)
このように折り目をつけます。

(17)
折り目をつけ終えたら、紙を裏返しましょう。

1 2 3 4 5 6