レベル☆9

鶺鴒(せきれい)の折り方【連鶴】

【連鶴】鶺鴒(せきれい)

鶺鴒(せきれい)とは

鶺鴒(せきれい)は、
1797年に発行された『秘伝千羽鶴折形』に掲載されている連鶴”49種”の中のひとつです。


難しさ

— 総合難易度 —
☆9☆☆☆☆☆☆☆☆☆

— 項目別 —
切れやすさ:☆☆☆☆☆
ふくざつさ:☆☆☆☆☆
折りにくい:☆☆☆☆


鶺鴒(せきれい)の完成イメージ

 

鶺鴒(せきれい)の折り図

<参考>『秘伝千羽鶴折形』1797年

上側の紙を、下側の紙の穴に通して折ります。

折り紙の準備

おすすめの折り紙

【サイズ】
17.5cmの折り紙。
または、それより大きいもの

【種類】
和紙


連鶴向けのおすすめの折り紙については、
下記リンクにてご紹介しております。

おすすめの折り紙まとめ【連鶴向け】 当ページでは、おすすめの折り紙をご紹介していきます。主に連鶴向けになりますが、連鶴以外のものを折るときにも、楽しめる折り紙となっており...


はじめに、折り紙を”たて”と”よこ”に、それぞれ半分に折りましょう。

折り目をつけたら、黄色い線のところで切ります。

このようになります。
これで、鶺鴒(せきれい)の折り紙の準備は完了です!

折り目をつけていこう

ひとつひとつの四角に、
緑の線と、青い線の折り目をつけていきましょう。

(1)
鶺鴒(せきれい)では、
黄色い線で囲った四角に、それぞれ折り目をつけていきます。

”A”は、”内側にたたんで折る鶴”の折り目をつけていき、

”B”は、”外側にたたんで折る鶴”の折り目をつけていきましょう。

(2)
折り目をつけたあとがこちらです。

図の緑の線と、青い線の折り目がついてるか、しっかり確認しておきましょう。

続いて、“B”の”外側にたたんで折る鶴”に、

鶴を折りやすくするための折り目をつけていきましょう。

(3)
“B”の折り目をつけた方が、右側に来るように紙を置きます。

(4)
写真のように紙を折りたたみ、左側の紙を矢印の方向に折りたたみましょう。

(5)
このように紙を折りたたみます。

そのまま裏返しましょう。

(6)
裏返すとこのようになります。

(7)
黄色い線のところに折り目をつけていきましょう。

(8)
紙の下側を、青い丸の部分に合わせて、
点線部分で折り目をつけます。

(9)
このように、真ん中の線も合わせて、折り目をつけましょう。

(10)
青い線のところが折り目になります。

(11)
続いて、写真のように紙を置きます。

(12)
さきほどと同様に折り目をつけていきますが、

右側は折り目をつけるときに隠れてしまうため、
左側だけ合わせて(青い丸のところ)折り目をつけましょう。

(13)
このように合わせて、折り目をつけます。

(14)
残りの二か所も(点線部分)、同じように折り目をつけましょう。

(15)
折り目をつけると、写真のように四角が出来ます。

(16)
紙を広げると、このようになります。
これで、鶺鴒(せきれい)の折り目の準備は完了です!

1 2 3 4 5 6