レベル☆7

花菱(はなびし)の折り方【連鶴】

【連鶴】花菱(はなびし)

花菱(はなびし)とは

花菱(はなびし)は、
1797年に発行された『秘伝千羽鶴折形』に掲載されている連鶴”49種”の中のひとつです。


難しさ

— 総合難易度 —
☆7☆☆☆☆☆☆☆・・・

— 項目別 —
切れやすさ:☆☆☆・・
ふくざつさ:☆☆☆☆
折りにくい:☆☆☆☆


花菱(はなびし)の完成イメージ

花菱(はなびし)の折り図

<参考>『秘伝千羽鶴折形』1797年

点線部分を折りたたみながら、折ります。

折り紙の準備

おすすめの折り紙

【サイズ】
26cmの折り紙。
または、それより大きいもの

【種類】
片面折り紙・両面折り紙・和紙


連鶴向けのおすすめの折り紙については、
下記リンクにてご紹介しております。

おすすめの折り紙まとめ【連鶴向け】 当ページでは、おすすめの折り紙をご紹介していきます。主に連鶴向けになりますが、連鶴以外のものを折るときにも、楽しめる折り紙となっており...


今回は、”たて”と”よこ”それぞれ0.2mmのところで線を引き、25.8cmの大きさに合わせました。

線を引き終えたら、その部分を切り取りましょう。

紙を切り取り終えたら、
折り紙を”たて”と”よこ”に、それぞれ6分割になるように線を引いていきます。

25.8cmに合わせた場合は、ひとつひとつの四角が4.3cmになり、

24cmの場合は、4cmになります。

線を引き終えたら、花菱(はなびし)の折り紙の準備は完了です!

折り目をつけていこう

(1)
それでは、折り目をつけていきましょう。
表面を表にし、点線部分で折り目をつけていきます。

(2)
写真のように、折り目をつけます。

(3)
反対側も、同じように折り目をつけましょう。

(4)
続いて、半分になるように、点線部分で折り目をつけます。

(5)
折り目をつけたら、紙を広げましょう。

(6)
紙を広げたら、3つ折りになるように、点線部分で折り目をつけていきます。

(7)
裏面に線を引いてあるので、
2番目の線に合わせて、折り目をつけましょう。

(8)
反対側も、同じように折り目をつけます。

(9)
”たて”も同様に、点線部分で折り目をつけていきましょう。

(10)
こちらも、裏面の線に合わせて折り目をつけます。

(11)
反対側も、同じように折り目をつけましょう。

折り目をつけ終えたら、裏返します。

(12)
青い線は、さきほどまでに折り目をつけたところになります。

折り目の位置を確認し、
写真のように紙を置きましょう。

(13)
紙を置いたら、
紙の下側を、1本目の線に合わせて、点線部分で折り目をつけます。

(14)
このように折り目をつけます。

(15)
反対側も同様に、
紙の上側を、一番下の線に合わせて、点線部分で折り目をつけましょう。

(16)
このように折り目をつけます。

(17)
紙を広げたら、半分になるように、点線部分で折り目をつけます。

(18)
折り目をつけたら、紙を広げましょう。

1 2 3 4 5