レベル☆7

花菱(はなびし)の折り方【連鶴】

花菱(はなびし)を折っていこう

(1)
それでは、小さな鶴から折り進めていきましょう。

(2)
”つばさ”が繋がるように折っていきます。

(3)
鶴の基本形が出来上がりました。

(4)
”くちばし・しっぽ”の部分を折り、上げていきましょう。

(5)
一つ目の鶴が折り終わりました。

(6)
裏側から見ると、このように繋がります。

(7)
3羽の小さな鶴も同様に、
”つばさ”が繋がるように折っていきましょう。

(8)
すべての小さな鶴が折り終わると、このようになります。

(9)
大きな鶴を折りやすくするために、”つばさ”を広げておきましょう。

(10)
続いて、大きな鶴を折り進めていきます。

オレンジの線で山折り、点線で谷折りをして、紙をそれぞれよせていきます。

(11)
紙をよせると、このようにそれぞれ”山”が出来ます。

(12)
ここで、4羽の小さな鶴を矢印の方向に動かし、紙の上に乗せておきましょう。

(13)
このように動かします。

(14)
鶴を動かし終えたら、紙をそれぞれ折りたたんでいきます。

はじめに、上側の”山”を矢印の方向にたたみましょう。

折りたたむところに、小さな鶴があるので、
鶴の下側に来るように、紙を動かします。

(15)
このように折りたたみます。

続いて、左側の”2つの山”を矢印の方向にたたみましょう。

(16)
残りの山も、小さな鶴の下側に来るように、矢印の方向にたたみます。

(17)
”4つの山”をすべてたたみ終えると、このようになります。

(18)
鶴の下側に来るように紙を折りたたむため、
中心部分は、写真のようになります。

1 2 3 4 5