レベル☆7

花菱(はなびし)の折り方【連鶴】

(19)
続いて、大きな鶴を、星形になるように折り目をつけていきましょう。

(20)
折り目をつけ終えたら、
オレンジ色の線が”つばさ”になるように、鶴の基本形を作っていきます。

(21)
途中経過です。

(22)
一度、写真の形にして折り目をつけておくと、鶴の基本形が綺麗に折れます。

(23)
折り目をつけ終えたら、
”つばさ”を上げて鶴の基本形を作り、
”くちばし・しっぽ”の部分を折りましょう。

(24)
”くちばし・しっぽ”の部分を折るときは、
つなぎ目が切れないように、写真のように角度をつけたまま折り目をつけます。

(25)
折り目をつけたら上げていきましょう。

花菱(はなびし)は、横に紙が余るので、
紙をたたみながら、”くちばし・しっぽ”の部分を上げていきます。

(26)
このように、外側にたたみながら上げていきましょう。

(27)
これで、大きな鶴が折り終わりました。

(28)
大きな鶴の”つばさ”を広げるときは、オレンジ色の丸の部分をめくりながら広げます。

(29)
続いて、小さい鶴の位置を、整えていきます。

写真の場合は、丸で囲った鶴を、矢印の方向に動かします。

(30)
このようになります。

残りの3羽の鶴は、その場で位置を整えましょう。

(31)
位置を整えるとこのようになります。

(32)
最後に、大きな鶴の”くちばし”を写真のように折り、
小さな鶴は、矢印のところが”くちばし”になるように、折りましょう。

花菱(はなびし)の完成です!

1 2 3 4 5