レベル☆7

三が一(みつがいち)の折り方【連鶴】

【連鶴】三が一(みつがいち)

三が一(みつがいち)とは

三が一(みつがいち)は、
1797年に発行された『秘伝千羽鶴折形』に掲載されている連鶴”49種”の中のひとつです。


難しさ

— 総合難易度 —
☆7☆☆☆☆☆☆☆・・・

— 項目別 —
切れやすさ:☆☆☆☆
ふくざつさ:☆☆☆・・
折りにくい:☆☆☆☆


三が一(みつがいち)の完成イメージ

三が一(みつがいち)の折り図

<参考>『秘伝千羽鶴折形』1797年

点線部分を、折りたたみながら折ります。

折り紙の準備

おすすめの折り紙

【サイズ】
17.5cmの折り紙。
または、それより大きいもの

【種類】
両面折り紙・和紙


連鶴向けのおすすめの折り紙については、
下記リンクにてご紹介しております。

おすすめの折り紙まとめ【連鶴向け】 当ページでは、おすすめの折り紙をご紹介していきます。主に連鶴向けになりますが、連鶴以外のものを折るときにも、楽しめる折り紙となっており...


はじめに、折り紙を”たて”と”よこ”で、半分に折りましょう。

折り目をつけたら、青い線のところで切ります。

切り取ると、このようになります。

点線部分で折り目をつけましょう。

さらに、点線部分で折り目をつけます。

続いて、真ん中に四角が出来るように折り目をつけていきましょう。

”よこ”の折り目は、紙の下側を緑色の線に合わせて折ります。

このように折り目をつけます。

”たて”の折り目は、端を真ん中の線に合わせて折りましょう。

このように折り目をつけます。

残り2か所の折り目をつけると、
真ん中に四角の折り目が出来ます。

これで、三が一(みつがいち)の折り紙の準備は完了です!

折り目をつけていこう

三が一(みつがいち)では、
黄色い線で囲った四角に、それぞれ折り目をつけていきます。

A”の真ん中の鶴は、”連鶴用の鶴”の折り目をつけていき、

B”の両側の鶴は、”内側にたたんで折る鶴”の折り目をつけていきましょう。

”A”真ん中の鶴は、四角の中に、
こちらの緑の線と、青い線の折り目をつけていきます。

”B”両側の鶴は、四角の中に、
こちらの緑の線と、青い線の折り目をつけていきましょう。

三が一(みつがいち)は、両側の鶴の折り目をつけるときに、
真ん中の鶴にも折り目がついてしまいます。

関係のない折り目が多いと、真ん中の鶴が折りにくくなってしまうので、
真ん中の鶴と重なる部分には、折り目がつかないようにしていきましょう。

右側の鶴に折り目をつける場合、
青く塗られている部分が、重なるところになります。

写真のように、右側の鶴の折り目をつけるときは、
青い部分に折り目がつかないように、その手前のところまで折り目をつけましょう。

反対側も同様に、黄色い矢印のあたりまで折り目をつけます。

折り目をつけたあとが、こちらになります。

図の緑の線と、青い線の折り目がついてるか、しっかり確認しておきましょう。

折り紙を切っていこう

折り目をつけ終えたら、折り図通りに紙を切っていきましょう!

三が一(みつがいち)の折り図
<参考>『秘伝千羽鶴折形』1797年

三が一(みつがいち)は、両側の鶴の点線部分を切り取ると折りやすくなりますが、
切り取らずに折ると、完成した鶴が綺麗に見えるので、点線部分を折りたたみながら折っていきましょう。

折り図通りに紙を切ると、このようになります。

三が一(みつがいち)は、
矢印の色ごとに、残してあるつなぎ目の長さを変えてあります。

切れ目部分の拡大がこちらです。
黄色い線が真ん中を表しています。

青い矢印のところを、1mm
黄色い矢印のところを、3mm残してあるので、
合計で4mmほど残してあります。
(今回使用しているのは、17.5cmの折り紙です)

もう一方のつなぎめも、矢印ごとに長さを変えましょう。

鶴の向きを確認しよう

オレンジの線が”つばさ”になるところです。
確認しながら折っていきましょう。


”鶴の向き”を確認し終えたら、

いよいよ三が一(みつがいち)を折っていきます。

「自分で挑戦してみたい!」という方は、

ここから先は、折り方の手順になりますので、見ないようにすることをおすすめします!

折り方をご覧になる方は、次のページへお進みください!

1 2 3