レベル☆6

雛遊(ひなあそび)の折り方【連鶴/折り紙】

(32)
写真のように鶴を置くと、
小さな鶴がいろいろな方向を向いてしまうので、向きを整えていきましょう。

まずはじめに、矢印のところを動かしていきます。

(33)
黄色い丸で囲った鶴を、矢印の方向に動かしましょう。

(34)
写真のように動かしたら、
矢印のあたりを軽く押して、折り目をつけます。

(35)
続いて、黄色い丸の鶴を動かします。

(36)
動かすとこのようになります。

こちらも根元の部分を軽く押して、折り目をつけましょう。

(37)
反対側も同様に動かしていきます。

(38)
動かすとこのようになります。

(39)
隣の鶴も動かしましょう。

(40)
動かすとこのようになります。

(41)
もう一度鶴を置いてみます。

さきほどと比べると、整った印象ですが、
矢印の鶴が少し浮いてしまっているので、
このような場合も折り目をつけていきましょう。

(42)
黄色い丸で囲った鶴を、矢印の方向に動かしていきます。

(43)
写真のようなところまで動かし、根本に折り目をつけましょう。

折り目をつけたら元に戻します。

(44)
もう一度鶴を置いてみます。

はじめと比べると、小さな鶴が円を描くように並んでいることがわかります。

もし、そのほかの鶴が、
浮いていたり、違う方向を向いている場合は、
さきほどと同じように折り目をつけていきましょう。

(45)
小さな鶴の位置を整えたら、大きな鶴の”つばさ”を広げます。

(46)
矢印のところをそれぞれ”くちばし”にします。

(47)
最後に、黄色い丸の鶴の”つばさ”を広げましょう!

雛遊(ひなあそび)の完成です!

1 2 3 4